学ぶ終活

お墓、葬儀、供養のほんとうの意味

徹底解説!お墓の値段 アフター編

   

こんにちは、十村井満です。

墓地も買ったしお墓も建てたし、これで遺骨を納めてお墓参りをすることができますね。

とはいっても、実はお墓を建てたあとも、もろもろのお金がいるものです。
今日は番外編。お墓が建ったあとのお金について考えてみます。

開眼法要

お墓を建てただけでは「お墓」ではありません。
それは、ただの「石」です。
お墓は、寺院に「お性根(おしょうね)」を入れてもらうことで、はじめてお墓になります。

※最近では、寺院などの宗教者による読経を望まない人もたくさんいるので、一言にそうだとは言い切れません。

このお性根入れは、
入魂(にゅうこん)や、
入佛(にゅうぶつ)や、
開眼(かいげん)
・・・などとも呼ばれます。
ただの石だったものに魂を込めるという呪術的な儀式を執り行うわけですから、
供養の専門家である寺院を招くわけですね。

noukotu

さて、そうなると、その謝礼、いわばお布施の用意が必要です。

お布施の額は決まりがあるわけではありません。
地域によっても相場が違いますし、何よりも寺院によっても異なりますね。
2~3万円という地域もあれば、10万円が相場というところもあるようです。
お車代やお膳料や各5,000円から各10,000円といったところでしょうか。

また、1周忌とか3回忌とかの回忌法要と合わせてお墓の開眼をすることもありますが、
この場合は、法事のお布施と、開眼のお布施は、分けて用意しましょう。

DSC_0524

お布施は地域差や寺院差、
そして何よりも施主の「お気持ち」のものですから、
相場なんて出しにくいのですが、
大体下のようなものではないでしょうか?

開眼法要のお布施のだいたいの相場

〇法事のお布施 3万円~
〇開眼のお布施 2万円~
〇お車代 5千円~
〇お膳料 5千円~

お坊さんのネット出張サービスは安いのか?

ちなみに、

Amazon提供のサービス「お坊さん便」では35,000円から。

法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】では45,000円から

法要時の寺院の手配をしてくれるようですね。
これらには開眼法要の謝礼だけでなく、お車代やお膳料も含まれているようです。

6c195fa01438e5d6506988dc25ffa9eb_s

ある地域の方から見れば、これらのネット系サービスは

「安い!」

とも受け取れるのでしょうが、
ある地域の方から見れば

「安いかぁ?」

と首をかしげるでしょう。ちなみに、十村井は後者です。

十村井の実家のお寺さんは法要の時に
「開眼のお代は1~2万円くらいでええけえねー」と言われ、
「車代とかお膳料とかいらんけえね、あんたぁ、気を遣っちゃあいけんよ」
・・・と、なんともフランクなお方でした。

とはいっても、施主側としてはやっぱり体裁は整えなきゃと考えてしまうので、

開眼法要2万円
お車代とお膳料をそれぞれ5千円
合計3万円をお渡ししました。

だけど、これだって、Amazonより安いわけです。

「お布施いくらですか?」って聞ける間柄が望ましい

お布施を巡るざわざわした感じ、ありますよね。

「いくら包めばいいのかなあ」
「安いと供養も手抜きされるのかあ」

・・・と、何もわからない側としてはそう考えてしまいます。

んで、ネットや書籍でさまざまな相場が氾濫し、
そういう消費者の不安を解消するということでネットベンチャーがお布施の明朗会計を打ち出して、
仏教界が困惑、そして批判、という流れ。

一番はですね、やっぱりお寺様に直接お尋ねすることなんです。
つまり、お尋ねできる間柄にいられるように常日頃からコミュニケーションをとっておくことが肝要かと思います。

少し話が脱線しましたけど、大切なことです。

年間管理料

さて、墓地の管理者には年間管理料を納めます。

年間管理料もさまざまです。

安いお寺では2000円というのを聞いたこともありますし、
1万円を超える所もあるようですね。

墓地の管理者は、この年間管理料で、共益部分の整備や修繕をします。
建てたらそれでOKではなく、
「みんなで使う墓地がお参りしやすくなるように」という協力的な意識が大切ですね。

466079

また中には、墓地購入時に一括で「永代管理料」を納めるケースもあり、
その場合は次年度からの年ごとの支払いは不要です。

なぜ墓地は転売できないのか 墓地や墓石は非課税対象

さてみなさん。突然ですが、
あるダンディな男が啓示のようにこう語り掛けてきました。

79389cabdee62294b4833cb334db647e_s

「貴様は、墓地を買うのではない。使用権を買うのだ」

分かります? この違い。
というか、誰なんですかね? この人。

墓地を買うのではなく、使用権を買う。
意外にこれを理解されていない方が多いようです。

たとえば墓地にまつわるよくある質問に、こんなのがあります。

要らなくなった墓地を転売することってきるの?

これまで使用してきた墓地の墓じまいをする。
不要となった墓地もはじめは何十万円というお金を出して購入したものですから、
これを転売、あるいは知り合いに譲渡したい、というのは誰でも考えますよね。

でもそれは、できません。

たしかに、私も様々なところで、「墓地を買う」という表現を用いてきました。
このブログの中でも、散々書いてきました。
しゃっしゃーした!(申し訳ありませんでした!)

1981e27a8844f205f47003a46d796107_s

でもこれはあくまで便宜上の措置なのです。だって、

「さあ、墓地の永代使用権を買ったから、いよいよお墓を建てるぞ!」

・・・なんて書きますと、長ったらしいでしょ。

厳密に言いますと、
私たちは墓地を買うのではなく、「墓地を永代に渡って使用する権利」を買うのですね。
土地の購入ではないので、不動産取得税も、固定資産税も支払いません。
また、墓地や墓石は「相続財産」ではなく、「祭祀財産」と呼ばれ、相続税もかかりません。

ですから、要らなくなった土地そのものは転売できないのです。
私たちはあくまで使用権を放棄するのであって、
墓地はその墓域である所有者(市や業者)に返還しなければなりません。

ただ、公営墓地や民営墓地はそのあたりの契約事項に細かいのですが、
寺院の境内墓地や、町内会などの共同墓地の場合などの場合はこの限りじゃないです。

「あそこのだれべえさんに、墓地譲りたいんじゃけどのお」
「よっしゃ。よかろう!」

なんていう口約束でのやりとりが許されるケースも、田舎の方では未だにあります(都会でもあるのかな?)。

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

何したってお金はかかります。
でもそのお金を有効なものにするかどうかは、そのお墓参りを楽しくするかによりますね。
お金がかかるからお墓を建てないっていうマイナスな発想があるとするならば
それはとっても、残念な発想です。

 - お墓について